切る治療と切らない治療|小顔治療のメリット【顔の表面に傷痕が残ることはない】

小顔治療のメリット【顔の表面に傷痕が残ることはない】

切る治療と切らない治療

顔に触れる女性

人気があるのも頷ける

大きな顔を小さくする小顔整形には何通りもの方法があり、切る治療と切らない治療に分けられます。頬骨が出っ張っている場合は主に切る治療となり、軽い突出なら頬骨の表面を削り、突出が大きければ、骨切りをして小さく整形するのが一般的です。メスを入れる場所は口の中と、もみあげの後ろになりますので、基本的に治療跡が目立つようなことはありません。また、エラ骨の張り出しが原因でも、切開治療である骨切りと骨削り施術が有力な小顔整形です。特に骨切り施術では余分なエラ骨をカットするほか、前後左右に骨の位置を移動できるため、エラ以外が原因の場合でも対応できます。そして、骨削りによって自然なラインに整えたりもしますが、この治療も切る部分は口の中だけですから、顔の外側に施術跡は残りません。一方、骨格が原因でなければ切らない治療が最適となっており、エラを細くするボトックス注射はスタンダードな小顔整形です。治療方法もシンプルで、エラを大きく見せている筋肉に、ボトックスを何箇所かに分けて注射するだけで終わります。そのほか、脂肪が原因で顔が膨らんでいる場合に効果を発揮するのが、脂肪溶解注射です。この小顔整形も注射だけで済むプチ整形ですが、薬剤が脂肪を的確に分解するため、スッキリとした顔にしてくれます。切るタイプの小顔整形は大掛かりな手術となりますが、そのぶん根本的な治療が行えるため、確実に顔を小さくできます。しかも即効性に優れており、効果も永久的に続きますから、そのことでも人気がある美容整形です。また、左右への張り出しだけでなく、ロングフェイスといった上下に長い顔でも小顔になれますので、究極の小顔整形としても選ばれています。それに対し、切らない治療はメス不要というお手軽さが、多くの人に選ばれているポイントです。ボトックス注射は副作用が殆どなく、日常生活にもあまり影響しないため、通常の暮らしを続けながら顔を小さくできます。それにも関わらず、膨らんだ咀嚼筋が委縮すれば明らかに顔がスマートな印象になる訳ですから、人気が高いことも頷ける話です。そして脂肪溶解注射ですが、これは骨切り施術でも解決できない脂肪を注射1本で改善できるため、需要があります。もしもダイエットで顔をスリムにした場合でも、脂肪細胞はしぼんだだけで数自体は減っていませんから、気を抜けばリバウンドする可能性もあるのです。ところが、脂肪溶解注射なら脂肪細胞の数を減らしますので、リバウンドすることがありません。さらに今日では顔専用の製薬剤が使われるようになっており、今までの脂肪溶解注射よりも、体への負担が一層少なくなっています。

Copyright© 2018 小顔治療のメリット【顔の表面に傷痕が残ることはない】 All Rights Reserved.